リフォーム最新情報



室内用部屋干しユニット

春先は花粉が服につかないように洗濯物を部屋干しする方が多いのではないでしょうか。
そんな部屋干し派の方におすすめなのが、「室内部屋干しユニット」です。
今回は、各社から出ている「室内部屋干しユニット」についてご紹介します。




室内部屋干しユニットのメリット
・雨や雪の日に干せる
梅雨など雨の多い季節だと、洗濯物を外に干すことが難しくなってしまいます。

・花粉や黄砂、PM2.5を気にせず干せる
外に干していると春の花粉や黄砂、PM2.5など大気に浮遊している様々な物質が付着し、洗濯物と同時に家のなかに持ち込まれてしまいます。春先はどうしても気になりますね。

・外干しは防犯上の問題も
洗濯物を見ると家族構成が把握できてしまいます。いつも夜遅くまで洗濯物が干しっぱなしになっていたり、雨が降ってきても洗濯物を取り込んでいなかった場合、不在であることを把握されてしまうかもしれません。


各社から出ている商品
◆川口技研 ホスクリーン QSC
・使わないときは、竿もポールも外してすっきり!必要なときだけポールを差して使えばいいので、室内干しをしていないときはあまり目立ちません。
・ポールの長さを選ぶことができます。
・「四角い」カタチの物干し竿で、ハンガーの向きが揃いやすく乾きやすい!



◆パナソニック ホシ姫サマ 天井付け 竿2本・電動
・自動で昇降できて使わないときはすっきり収まります。
・洗濯物を干しやすい高さまで竿を下げることができます。
・干し終わったら天井近くに上げられるので空間がすっきりします。





戻る