リフォーム最新情報



和室を洋室にリフォーム①

和室から洋室へのリフォームは人気の高いリフォーム工事です。
簡単な施工から部屋全体をガラリと変える施工まで、幅広いリフォーム方法があります。
今回は、和室のリフォームについてポイントをご紹介します。



和室から洋室へのリフォームのメリット

・掃除やお手入れが簡単
和室の畳はダニやカビが発生しやすく悩まされるケースも少なくはありません。また障子や畳、ふすまなどは傷みやすく、定期的なメンテナンスも行わなければなりません。
洋室のフローリングであれば掃除がしやすく、ダニやカビが発生する可能性も低いため清潔を保つことができます。


・重い家具も安心して置ける
重量のある家具を、和室の畳の上に置くとへこみや跡が残ってしまいます。
フローリングもまったくへこみが生じないわけではありませんが、へこみにくい素材が多いので、家具による影響の心配が少なく、重量のある家具でも安心して置くことができます。

・ライフスタイルに合わせたお部屋づくりが可能
洋室はシンプルなため、ライフスタイルに合わせた部屋作りがしやすいと言えるでしょう。
小さなお子さんがいるご家庭はカーペットやラグを敷けば、床に座って遊んだり寝転んだりすることができます。高齢になり車椅子で生活することになった場合は、床が畳よりもフローリングにした方が移動もスムーズにできるようになり、生活がしやすくなります。
デザインにこだわりたい方にとっても、ソファやベッド、テーブルといった家具は種類が豊富なので、カスタマイズしやすく、好みのコーディネイトを楽しめるでしょう。



和室から洋室へのリフォームの注意点

・防音性に配慮
畳の部屋からフローリングに変更すると、防音性が低下してしまうことがほとんどです。マンションの管理規約にある防音基準が定められている場合は注意が必要です。

・安全性に配慮
フローリングは畳より滑りやすくなります。小さなお子さんや高齢者のいる家庭では、滑りにくい素材を採用したり、カーペットを敷いたりなどの工夫も必要になります。


次回は和室から洋室へのリフォーム内容についてご紹介します。



戻る